ブログ

朝日サービスアンカー豊田中央・豊田東 専用BLOGです

アフガニスタンで2019年にNGO「ペシャワールの会」現地代表の中村哲医師が殺害された事件で、イスラム武装勢力の地方幹部でパキスタン人の男を主犯格と、地元の捜査当局が特定したことが分かりました。この男は1月末に死亡した可能性が高く、生前、周囲に「中村さんを誘拐するつもりだったが、共犯者が殺してしまった」と話していたといいます。
朝日新聞が現地関係者に取材した特ダネです。きょうの1面と社会面で事件の背景とあわせて、報じています。


「米大統領選で投票不正があった」という根拠不明の情報が、トランプ前大統領の支持者を突き動かし、連邦議会議事堂の襲撃にまで至りました。日本でもこうした「陰謀論」を支持する投稿が、ネット上にあふれています。かつて日本社会でも繰り返し浮上した陰謀論をたどり、陰謀論を受け入れる現代社会について考えます。歴史学者の呉座勇一さん、月刊誌「ムー」の編集長らに聞きました。


 突然のお知らせとなってしまい、申し訳ありません。

 朝刊1面の「折々のことば」は、2月2日付の掲載をもって、3日付以降はしばらく休載することになりました。筆者の鷲田清一さんに休養をとって頂くためです。

 連載を終了するわけではなく、あくまでも「一時休載」です。


コロナ禍の支援策として、自治体などの水道事業者の4割近い498事業者が、水道料金を無料にしたり減額したりしていることが厚生労働省の集計でわかりました。減免額は計約547億円で、月20トン使う平均的な家庭の料金に換算すると、約140万世帯の年間水道使用料金に相当します。「第3波」の感染拡大で減免期間を延ばす自治体もある一方、収益悪化などへの懸念から値上げに踏み切る自治体も出てきています。


フリーマーケットアプリのメルカリは、高額転売が疑われる出品に対し、買い手に注意喚起する機能を今夏までに導入すると発表しました。人気商品を大量に仕入れ、メルカリで高値をつけて売りに出す「転売ヤー(転売屋)」が出品した商品などが対象になりそうです。取引の場として透明性を高める狙いがあります。


ご購読中のお客さまへ

新聞の一時止め、名義変更などは専用フォームから24時間受け付けています。

購読者さま専用フォーム

購読を検討中のお客さまへ

対応エリアなどのご質問はお気軽にメールフォームまたはお電話にて承ります。

ご新規さま専用フォーム

商品販売

朝日新聞関連の商品を中心に販売しております。
 

商品一覧