ブログ

朝日サービスアンカー豊田中央・豊田東 専用BLOGです

 いよいよ、新型コロナウイルスのワクチンの製造販売について、日本でも初めて承認が申請されました。

 米製薬大手ファイザーが開発したものです。欧米の治験では、発症を防ぐ効果が9割以上と報告されています。コロナワクチンの開発については、多くの専門家が数年単位の時間が必要と予想していましたが、欧米の主要製薬メーカーが相次いで開発に成功しています。一方で、長期的な安全性、効果のデータはそろっていません。

 きょうの紙面では、そうした背景を紹介しています。コロナの患者が初めて中国の武漢で確認されてから、早くも1年が経とうとしています。

 あす20日付けの朝刊では2ページの特設面を作って、この1年の世界の動きを振り返り、経済への影響や人種により重症度に違いがあるのか、解説する予定にしています。


  伝統的な和食を、より身近に楽しみます。決まり事とされているものを見直して、いま作りたい、食べたいメニューをお届けします。

 まずは鍋ものです。うまみたっぷりのだしは、素材を鍋に入れ、火にかけて待つだけ。持ち味を出し合ってくれます。冬の味覚の王道はブリと大根の組み合わせで実感してください。しょうゆ味のスッキリしたつゆは、昆布とシイタケをうまみの援軍に、薬味のショウガは太く切ってバランスをとります。


 新型コロナウイルスは一体何者で、どこから来たのか。遺伝子配列が極めて似ているウイルスが中国で発見されていたことが明らかになりましましたが、それを科学者がどのように見いだしたのか、足跡をたどって、記者が中国雲南省の奥深く入りました。1面、2面で展開しています。


 毎日1面の右下にクイズが掲載されている人気コーナー「しつもん!ドラえもん」。毎月第1日曜日には、「もっと教えて!ドラえもん」という大型特集を組んでいます。

 今回のテーマは、来年の干支でもある「牛」。鼻のシワについて探ります。人間の指紋のように1頭ごとに形が違う「鼻紋」を登録して、個体を見分ける手立てに使われています。和牛ブランドを守ることにもつながっています。


 大手鶏卵生産会社の前の代表が吉川貴盛・元農林水産相に計500万円を提供した疑いがある問題で、みたび特報です。前代表は現金を渡した際、日本の鶏の飼育環境に否定的な国際機関の基準案に「農水省として反対意見を出してほしい」と依頼していたことが関係者などへの取材でわかりました。1面に掲載しています。


ご購読中のお客さまへ

新聞の一時止め、名義変更などは専用フォームから24時間受け付けています。

購読者さま専用フォーム

購読を検討中のお客さまへ

対応エリアなどのご質問はお気軽にメールフォームまたはお電話にて承ります。

ご新規さま専用フォーム

商品販売

朝日新聞関連の商品を中心に販売しております。
 

商品一覧