プレゼント・キャンペーン

朝日新聞サービスアンカー豊田中央・豊田東よりお得な情報をお届けします!

いつも朝日新聞をご購読いただいている皆様へ
朝日新聞サービスアンカー豊田中央・豊田東よりプレゼント企画のお知らせです。

大学探しに最適な一冊
国公私立短大受験年鑑2020「君はどの大学を選ぶべきか」



大学のガイドや入試のガイドはもちろん、卒業後の進路先などの記載もあります。
高校生でどこの大学を受験しようかお悩みの皆様の手助けになること間違いなしの一冊です。
こちらを朝日新聞サービスアンカー豊田中央・豊田東をご利用の方(愛知県豊田市に在中の方)限定でプレゼントいたします!

応募方法

プレゼントは下記メールより応募か、もしくは電話にてお問い合わせください。
ご応募を頂いた順から商品を順次お届けいたします。
数がなくなり次第終了となりますので、お早めにご応募ください。

なお、「君はどの大学を選ぶべきか」は書店でも販売しています。
発行元の大学通信は週刊朝日等で大学ランキングを共同編集している出版社になります。

応募はこちらから


たくさんのご応募ありがとうございました。
こちらのプレゼント企画は申し込みを締め切らせていただきました。


いつも朝日新聞をご愛読頂いている愛知県豊田市にお住まいの皆様へ
名都美術館のペア招待券をプレゼントいたします。

特別展「山元春挙-大明神と呼ばれた画家-」

◇開催期間:2019/4/2(火)~2019/5/26(日)
 前期:4月2日(火)~4月29日(月・祝)
 後期:5月1日(水・祝)~5月26日(日)
※前期、後期で絵画作品が入れ替わります。

◇開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

◇休館日:月曜日(4/29(月)、5/6(月)は開館、4/30(火)、5/7(火)は休館) 

ウェブサイト:名都美術館

◇応募方法
電話・メールより受付しております。メールでの応募は下記よりご応募ください。
招待券は数に限りがあるため、なくなり次第終了とさせて頂きます。(先着順)


いつも朝日新聞をご愛読頂いている愛知県豊田市にお住まいの皆様へ
愛知県陶磁美術館のペア招待券をプレゼントいたします。

企画展「黄金の地と南の海から」

町田市立博物館の東南アジア陶磁コレクションから、クメール・ベトナム・タイ・ミャンマーの陶磁器191点を一堂に展示します。
海上交易を象徴する大壺、茶道具に見立てられた器、愛らしい小品など、東南アジア陶磁の魅力を伝えます。

◇開催期間:2019/4/13(土)~2019/6/16(日)

◇開館時間:午前9時30分~午後4時30分まで(入館は午後4時まで)

◇休館日:月曜日(4/29(月)、5/6(月)は開館、5/7(火)は休館) 

ウェブサイト:愛知県陶磁美術館

◇応募方法
電話・メールより受付しております。メールでの応募は下記よりご応募ください。
招待券は数に限りがあるため、なくなり次第終了とさせて頂きます。(先着順)


応募はこちらから


たくさんのご応募ありがとうございました。
こちらのプレゼント企画は3月31日(土)にて申し込みを締め切らせていただきました。


いつも朝日新聞をご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。
朝日新聞社は2019年1月25日に創刊140年を迎えました。
1989年から朝日新聞社が発行した号外のうち、大きな出来事・記憶に残った出来事を厳選した「平成号外集」をこの度、抽選で50名様にプレゼントいたします。
ニュースが伝えられた当時の雰囲気を、どうぞお確かめください。

※号外は当時の速報です。記事内容についてはのちの続報と異なることもありますが、修正を加えずそのまま掲載しております。権利関係で、外した写真もあります。また、広告等は削られております。ご了承ください。

応募方法

電話・Eメール・FAXで応募を受付しております。
FAXでご応募した方には折り返し確認の電話をさせて頂いております。
当選につきましては、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。(※プレゼントの発送は応募期間終了後になります。)

ウェブサイトより応募して頂く場合は下記より必要事項を記入してください。※豊田市地域で朝日新聞をお読みの方限定です。
※応募にはメールアドレスが確認のため必要となります。
また、メールがお受取りできるように「@asa-t.net」ドメイン、またはアドレス「info@asa-t.net」を受信許可設定してください。

応募期間は2019年3月31日までとなります。応募期間は終了いたしました。



2020年、大学受験が大きく変わります。
これまでのセンター試験になかった記述式テストが、国語、数学に導入され、2024年度からは地理、公民、理科でも導入予定となっています。
さらに英語に関しては今までの「読む」「聞く」に加え、「書く」「話す」の4技能評価になり、試験の外部委託も予定されています。
長文やデータ、実用文を読む力や論理的で長い文章が書ける力など、これまで以上に重要視されるようになりました。
時事ニュースは必ずといっていいほど、問題にあがることが多いです。
2020年の受験に備えて今から朝日新聞の購読を初めてみてはいかがでしょうか?

受験勉強に新聞が役に立つ理由

 新大学入試はとにかく文章が長い!
国語だけではなく、数学も社会も「日本語を読ませる」という傾向は同じです。
大学入試に備えるためにも日本語の「読解力」は不可欠です。
「読解力」を育てるには本を読んだ方が良いとされますが、実は新聞のほうが「読解力」を効率よく身に着けられます。
新聞は一つひとつの記事が短いですが、すべてを読むとたくさんの量となります。毎日少しずつでもひとつの記事を読むことで、新聞を読む習慣が身につき、読むスピードや「読解力」が身に付きます。
他にも朝日新聞は今までさまざまな大学の入試問題に採用されています。
朝日新聞では新しい大学入試に備えて、朝日新聞を使った学習方法(天声人語、いちからわかる、耕論)を提案しています。

教育PR動画(クリックするとyoutubeで動画が見れます)


親子で新聞学習

 子ども4人を東大理Ⅲに合格させた佐藤ママ(佐藤亮子さん)に新聞を使った家庭学習を行っていました。
子どもたちが知らないリアルな世界を新聞で教え、新聞をノート代わりにして書き込んだりすることで興味や関心の幅を広げました。
もちろん新聞をポンと渡して「読みなさい」と言っても子どもは読みません。親が興味がありそうな記事を探して「これ、面白そうだから読んでみたら?」と勧めたり、「お母さんはこう思うけど、あなたはどう思う?」と聞いてみたりしてください。
親子で対話することによってお子さんの思考がどんどん広がり、深まります。
お子さんの「読解力」は親御さんの「読解力」に比例すると思っています。親子で一緒に新聞を読み、情報や語彙をアップデートしましょう。

朝日新聞をまずは試し読みから!

 朝日新聞を無料で7日間お届けするキャンペーンを行っております。今なら「朝日新聞で学習ノート」をプレゼント!
まずは一度、無料の試し読みから初めてみませんか?

試し読み・ご購読の申し込みはこちらから


ご購読中のお客さまへ

新聞の一時止め、名義変更などは専用フォームから24時間受け付けています。

購読者さま専用フォーム

購読を検討中のお客さまへ

対応エリアなどのご質問はお気軽にメールフォームまたはお電話にて承ります。

ご新規さま専用フォーム

商品販売

朝日新聞関連の商品を中心に販売しております。
 

商品一覧